簿記検定試験に役立つ情報

税理士を目指すなら…

日商簿記2級を受けるにあたって、3級に合格してから受ける人もいれば、2級からいきなり受ける人もいます。どちらについても主流だとはいえず、好みの問題だという意見も根強いですね。

・簿記3級から受けたほうがいいという意見

日商簿記試験も、3級と2級では難易度にけっこうな差があります。まったく簿記や財務等の知識がない場合や、数字や計算に日ごろから苦手意識がある場合は、3級から勉強をはじめて頭を慣らしていったほうが確かに無難でしょう。

・簿記2級から受けてもいっこうにかまわないという意見

簿記2級試験は確かに油断していて受かるような難易度ではありません。しかし、それでも1発で合格した人はこれまでにたくさんいます。勉強法を間違えずにしっかりと対策を行えば、特に知識のない人でも確かに受かる望みは少なくありません。
それに就職のタイムリミットが迫っているといった、時間をぜんぜん無駄にできない事情のある人が無理に3級から受ける必要も感じられません。

結局は好みの問題、ないし抱えている事情の問題であって、どちらにすべきとはいえません。ただし、予備知識がない人で、時間がけっこうある場合だったら、3級から勉強していくに越したことはないでしょう。通信講座等では、簿記2級と3級をセットにしているケースが多いですし、3級→2級と順序を追ってマスターしていくのはとても模範的な勉強のやり方だといえます。

<< 前のページ

▼費用対効果で考えれば、最もおすすめの勉強法がこちら▼