DVDで学習する効果とは

DVDとWebを通した動画の違い

簿記2級の通学講座・通信講座に共通していますが、DVDと同時に人気がある講義形式に、Webを通したストリーミングがありますね。つまり、インターネット経由で映像を送信してくるわけです。今ではYOUTUBEやニコニコ動画がすっかり国民的なエンターテインメントとして定着していますが、これを資格の教育に取り入れているわけです。

これはなかなかいいアイデアに思えるのではないでしょうか。もちろん秀逸なことは秀逸です。ただし、DVDと比べたら欠点はありますね。

・再生環境が安定しているとは限らない

これはもちろん、テクノロジーの発達と同時にぐいぐいと改善されています。しかし、動画というとても重いデータで簿記2級の講義映像を配信してくる以上、DVDと比べたら安定していつでも視聴できるとはいえません。
自宅のインターネット環境をできるだけ改善することで、簿記2級の講義の再生の速度等をよくすることは可能ですが、居住地や経済事情等に左右されてしまう学習者が出てくることは避けられません。

※ネット環境はじゅうぶんだとしても、パソコンがフリーズしてしまうリスクがあることも無視できないですね(「再生中は、他の作業はいっさいやらないようにする」といった配慮も必要になってくるでしょう)。

・自宅以外の場所で見られるかどうかも、人によって異なる

今では、スマートフォンやタブレット端末を使えばストリーミング動画の再生も楽々とできる時代ですね。これらで動画の再生ができるなら自宅以外の場所でも簿記2級を勉強できることになってお得です。もちろん、ノートパソコンを使ってもいいわけです。
ただし、無線LANを用意したり、ネット回線が確立された商業施設を探したりといった手間が発生します。それから、電源やバッテリーの消耗についても注意しないといけません。人によっては、不便を強いられることもあるでしょう。

※DVDなら持ち歩きやすくなるということもありませんが、今では、小型のポータブルプレイヤーも増えていますし格安な型がたくさんありますね。

※なおDVDの映像を、簿記2級受講者専用のWebサイト内で視聴できるようなサービスをやっている通信講座も増えています。この場合にも、ネット環境や電源の確保は必要ですが、スマートフォンやタブレットを用いて出先で再生するチャンスは持てるわけです。

<< 前のページ次のページ >>

▼費用対効果で考えれば、最もおすすめの勉強法がこちら▼