簿記検定試験に役立つ情報

簿記取得のメリット

いまの時代、簿記の資格はビジネスマンにとって必要不可欠です。経理はもちろんのこと、あらゆる職種に役立つ簿記は取得して損はありません。では、簿記を取得するとどんなメリットがあるのでしょう。

  • 就職や転職をするのに有利。
  • 企業の経営状態や取引相手の経営状態がわかる。
  • 帳簿がつけられる。
  • コストや収益を意識して仕事ができる。
  • 社内評価が上がる。
  • 独立開業をする時に役立つ。

一番のメリットは、(1.)なのではないでしょうか。就活中の学生や転職を考えている会社員、再就職を希望している主婦など、簿記の資格を持っていることによって、就職や転職をする際に大きな武器となるでしょう。

また、簿記=経理 というイメージが強いのですが、それだけではありません。取引先の経営状態を把握したり、コストを削減して見積もりを出すことができるのも簿記の知識があるからこそ。営業部や管理部などでも役立ちますね。

独立開業を目指している人にも、簿記の資格は必須です。日々の帳簿付けはもちろんのこと、開業するための準備としての融資の事業計画書作成や、確定申告の際にも簿記の知識は必要です。

このように、簿記は幅広い職種やジャンルで有効なのです。
「履歴書の資格欄がさびしいから、何か資格を取ろうかな…」と思っている人は、ぜひ簿記2級をおすすめしますね。

<< 前のページ次のページ >>

▼費用対効果で考えれば、最もおすすめの勉強法がこちら▼