簿記検定の種類

ここでは、簿記検定の種類についてお話しましょう。

簿記検定とは、簿記に関する知識や実務、計算などの能力を判定するための検定試験です。

現在、下記の4つの団体により、実施されています。

簿記とは…企業などが経済取引により、もたらされる資産や負債などの増減を管理し、一定のルールに従って、記録するための記帳方式です。

日本商工会議所 簿記検定(日商簿記)

日本商工会議所および各地商工会議所が実施する検定試験。一般的に「簿記」といえば、この日商簿記のことをいいます。履歴書の資格欄で有効なのも基本的には、この日商簿記です。

日商簿記検定は、1級から3級まであります。

簿記初学者の人が簿記2級以上を取得するのであれば、簿記3級から勉強をスタートする必要があります。

1級

公認会計士や税理士といった超難関国家試験の登竜門といわれています。
合格者は、税理士の受験資格がもらえます。

2級

経理事務員としての知識や企業の経営状況を把握できるレベル。
就職や転職に有利なのは2級以上です。

3級

個人企業の経理事務員または経理補助者として、必要な商業簿記の知識を有します。

日本商工会議所のホームページはこちら

全国経理教育協会 簿記能力検定(全経簿記)

全国の約300の専門学校が加盟しています。

経理の専門学校で勉強する簿記は主にこちらの全経簿記です。

全国経理協会は、簿記能力検定の他に、計算実務能力検定や税務会計能力検定など、経理関係の検定試験を実施しています。

全国経理教育協会のホームページはこちら

全国商業高等学校協会 簿記実務検定(全商簿記)

全国の商業高等学校が加盟する協会。商業高校出身の人が取得しているのは、ほぼこの全商簿記です。

全国商業高等学校協会では、簿記実務検定の他に、暗算・電卓実務検定や情報処理検定、商業経済検定などの検定試験があります。

全国商業高等学校協会のホームページはこちら