簿記2級検定試験について

科目別試験攻略法

簿記2級の検定試験は「商業簿記」と「工業簿記」の2科目です。
商業簿記は、簿記3級の試験科目でもあるので、一度勉強したことがあれば対応できますが、工業簿記は2級から加わる科目であり、内容も複雑になるので、苦手とする受験生も多いでしょう。
とはいえ、簿記は仕組みを理解して、解き方さえ覚えれば、あとは計算して答えを出すだけです。あまり難しく考えないことが大切です。

商業簿記 攻略のポイント

2級の商業簿記は、3級の基礎+αが出題されます。 仕訳の意味をしっかり理解し、スムーズにイメージできるように慣れておく必要があります。仕訳問題は毎年必ず出題されますので、与えられた勘定科目を使って、仕訳ける練習を何度も繰り返してください。
また、経理整理や本支店会計は、計算ミスやケアレスミスをすることがありますので、過去問演習をしっかりやり、ミスを防ぐよう、注意が必要です。

工業簿記 攻略のポイント

工業簿記は、商業簿記と違って、日常では触れることのない科目なので、とっつきにくいかもしれません。そして、内容も複雑なので、すんなり理解することは難しいでしょう。
工業簿記で行うのは、原価計算です。とくに“勘定連絡図”はしっかりと頭に入れておかなければ、問題を解くことはできません。

工業簿記は、計算が複雑なので、あまり良い印象を持っている人はいないのですが、基本を押さえておけば、問題は解けます。出題パターンは毎年同じような傾向なので、過去問演習を何度も繰り返しておけば、ある程度は得点できるでしょう。

<< 前のページ次のページ >>

▼費用対効果で考えれば、最もおすすめの勉強法がこちら▼