簿記1級の独学以外の勉強法

2020年10月2日 オフ 投稿者: wpadmin

簿記1級に受かるための勉強法

簿記は仕事に役立つ資格のなかでも人気があるので、毎年多くの学生、社会人、主婦などが受験しています。

そして簿記1級ともなれば、経理や会計のスペシャリストとしてだけではなく、経営状態を把握できる計数感覚を持つプロとして見なされるので、就職や転職にも有利です。

もちろん、税理士などの資格を取得して独立することも可能でしょう。

スキルアップやキャリアアップにとって大きな戦力となる簿記1級は、平均合格率は10%ほどの難関なのですが、それでも毎年2万人前後の人が挑戦しているのです。

しかしながら、簿記3級、2級までは独学でも合格できるといわれていますが、簿記1級ともなるとなかなか難しいのが現実です。

もちろん全く不可能ということではないのですが、効率的に勉強をするためにはプロのサポートが必要になります。

そこで、簿記1級合格を目指している人達が選ぶ独学以外の勉強法としては、「通学」と「通信講座」があるのです。

簿記1級は通学か通信講座か

簿記資格の通学コースを提供している学校は全国にいろいろあり、システムやコース内容、受講料などはそれぞれ異なります。

通学の場合は、基本的には昼や夜間など決められた時間に学校に通い、教室で他の生徒とともに直接講師から講義を受けるスタイルです。

ひとりで黙々と勉強をしなければならない独学とは異なり、学校に通い、直接目の前で講義を受けられるので、効率よく勉強でき集中力も高まります。

また、ライバルである他の受講生からいい刺激も受けるはずです。

市販の参考書などからは得られない情報を得ることもできます。

また、疑問に感じたことは直接講師に質問できるので、勉強につまずいて、無駄な時間を費やさなくてすむのもメリットです。

決まった時間に学校に通える、通いやすい場所に学校がある、予算に余裕があるという人には通学はむいているといえるでしょう。

そして通信講座の場合も、効率良く勉強できる、質問ができる、情報が入手できるなど通学と同様の勉強法ができます。

突然の残業が多く学校に通うのが大変、近くに学校がない、通学よりもリーズナブルなほうがいい…などの場合は、家でも通学と同じレベルの学習ができる通信講座がおすすめできます。